白髪染 リタッチし続ける|染まります

白髪染めはマイナチュレのトリートメントで染まっても、一般的に髪の毛は1か月に1㎝程度伸びます、ということは、染めてすぐの時期にはしっかり根本部分まで染まっていた白髪も、2週間程度すればその髪がもともとは白髪だったことが解ってしまいます、根本白髪は想像以上に目立つもので、いくらメイクやファッションを若々しく見せていても、髪の根元に白いものが見えてしまうとすべて残念な結果にしにしてしまうおそろしい見栄えなんです 

その様な根本部分の白髪を隠すための効果的な方法がリタッチ染めですね、リタッチ染めとは元々何だろうって思ってる方は多いです、リタッチ染めはとは、前に染めた部分と同じ色を使って白髪部分を染めてなじませるカラーリング技術なんですよ

メリット 根元部分だけを染めればよいため、髪全体を染める白髪染めに比べて 短時間で出来る 経済的 既に染まっている髪の毛を傷めないので、パーマや縮毛矯正と同時に行うことができる などの嬉しい効果がありますしかしその一方で、 残念なんなのが、頭皮に近い部分ですので、染めるため頭皮にダメージがあったり、既に染めた部分との染め上がりが一定でない事ですね

でも、マイナチュレで定期的なトリートメントで染めていけば、根本の白髪も隠せますよ、リタッチよりも頭皮のダメージも少ないので安心して使えます

詳しくはこちらで
 ↓

白髪染 リタッチし続ける|トリートメント

白髪染めをマイナチュレがトリートメントで染まっていきます、白髪染めを、美容室で、いくら白髪を染めていても1ヶ月ほど経った頃から根元が目立ち始めるので、染め直しをしたくなるのが一般的ですが、結論から言うと、1ヶ月ごとに白髪を染めるのは適オススメできません、それは、美容室での白髪染めが高価なのと、頭皮のダメージが心配されます

せっかく白髪を染めて若く見えても、頭皮ダメージは後々大変な事になります、刺激が強い美容室での白髪染めは、染め上がりは完璧でも、後々のことを考えればおすすめ出来ないですね、白髪は染まりにくいので、美容室での白髪染めは、専用のカラーを使うのが一般的です、白髪専用のものは普通のヘアカラーよりも強力なアルカリ性薬剤が使われていますので、髪が白いということは内部にメラニン色素がいっさい入っていない状態ですから、奥まで染料を浸透させないと色がつきません、そのためキューティクルを剥がす力が強いアルカリ性薬剤が使われるのですが、キューティクルを壊すと髪の結合力が弱まってしまいますね

キューティクルは髪を保護したり水分を閉じ込める役割を持っているため、結合力が弱まるとダメージや乾燥のせいで髪が傷んで色落ちが早まります、また薬剤は頭皮にも強い刺激を与えるので、メラノサイトの働きを低下させて白髪を増やすことと、薄毛に成るのも心配ですので刺激が少ないトリートメントタイプのマイナチュレで定期的な白髪染めがおすすめです

詳しくはこちらで
 ↓

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 白髪染めトリートメントで簡単マイナチュレ All rights reserved.